本文へスキップ

会長挨拶 役員紹介 カレンダー 掲示板 メール facebook twitter 会員専用

キャンプストア建替事業campstore rebuilding

キャンプストアは2013年夏に第60回を迎えます

■ 立教学生キャンプストア新築工事 図面リスト(PDFファイル)

  a. 配置図/案内図
  b. 平面図
  c. 立面図
  d. 断面図
  e. 矩計図-1
  f. 矩計図-2
  g. 矩計図-3

■ ご報告

  キャンスト募金結果のご報告とお礼(立教大学広告研究会OB会 会長 佐藤弘美)
  
  立教大学広告研究会OB・OGの皆さま(第60回 立教学生キャンプストア 店長 五十嵐敦)


■ ごあいさつ

  キャンプストア店舗再建資金募金のお願い(立教大学広告研究会OB会 会長 佐藤弘美)

  現役からOB会の皆様へ ご報告並びにお願い(平成24年度立教大学広告研究会 委員長 鈴木星)

  OB会事務局よりご報告、並びにお願い(OB会 事務局長 及川哲)

  募金へのお願い(第60回 立教学生キャンプストア 店長 五十嵐敦)


募金のための組織 - 建替支援委員会


募金要項

ご報告 - 広告研究会OB会 会長 / 記念事業委員会 委員長 佐藤弘美

キャンスト募金結果のご報告とお礼

 拝啓 各地から花便りが聞かれる今日この頃、まだまだ春には遠い地域もございますが、OG/OBの皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。

 さて、此の度は広研60周年記念事業に伴う、キャンスト建替え募金に多大なご寄付を頂き誠にありがとうございました。皆様のご支援のお陰様で、目標の300万円を大きく上回る5,440,422円(3月1日現在)と、なりましたことをもって、ご報告させて頂きます。これにより、当初断念しておりました念願のトイレの設置を行うことができることになりましたことも併せてご報告させていただきます。今後の予定として、3月下旬には建築確認を終え、4月着工、6月下旬に竣工の予定です。

 また、7月6日には恒例のキャンプストアバスツアーをお披露目を兼ねて実施する計画もございます。これも偏にOG/OBの皆様のご支援の賜物と重ねてお礼申し上げます。最後に、去る2月に経過報告と再度の募金の案内を既にご協力頂いていました皆様にもお送りし、ご気分を害された方もいらっしゃるかと思います。遅くなりましたが、不行き届きの段、お詫び申し上げます。

 今後とも、ご指導、ご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。敬具

キャンスト募金支援者へのご報告(はがき)より引用

ご報告 - 第60回 立教学生キャンプストア 店長 五十嵐敦

立教大学広告研究会OB・OGの皆さま

 この度は、OB・OGの皆様の多大なご支援によりキャンプストア店舗の再建が行われることとなりました。目標金額である300万円を遥かに上回るおよそ500万円ものご支援を頂き、私達現役一同は、深い感謝と共にOB・OGの皆様の広告研究会及びキャンプストアに対する熱い思いを感じております。この皆様の御支援が、次の半世紀のキャンプストアの礎となることを確信するとともに、私達現役も皆様のご期待に応えられるようにキャンプストアを運営して参ります。今後ともキャンプストアへの皆様のご支援・ご声援を宜しく御願い致します。

 尚、平成25年4月2日に地鎮祭が執り行われ、ただ今工事が進んでおります。また、「第60回立教学生キャンプストア」は平成25年7月13日(土)に正式にオープンとなります。皆様の御来店を現役一同、心よりお待ちしております。

当HP掲載のため寄稿

ごあいさつ - 広告研究会OB会 会長 / 記念事業委員会 委員長 佐藤弘美

キャンプストア店舗再建資金募金のお願い

 拝啓 秋冷の候OB会員各位には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は立教大学広告研究会OB会、並びに現役部員に対しましては、ご支援、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 さて先般お手元にお届けいたしましたOB会報第36号にご案内の通り、昨年より会員の皆様に御報告いたしておりました、広告研究会創立60周年記念事業、館山キャンプストア建物の建替え計画は、大きな壁となっておりました館山市からの借地分、約15坪の買収が館山市、立教学院のご協力、ご支援により無事完了し、本格的な建物建築の実行段階へと進んでまいりました。

 十年一昔と言い古された言葉ですが、一昔、二昔は勿論、目を閉じて思い起こしますと何十年も前のあの瞬間だけはつい昨日のことのように鮮やかに蘇ります。慣れない手つきでお客様に運んだコーヒー。一個のレモンから何枚のレモンスライスが取れるかを競ったカウンター内。夜のキラキラ夜光虫の光る桟橋、多くの友と人生論を語り合い、ギターの爪弾きをバックに交わした愛のささやき。本当に素晴らしい思い出の数々が今もって人生の宝物としてお一人・おひとりの心の奥に納まっている事でしょう。

 今現在キャンプストアを継続して開催しているのは立教大学広告研究会だけとなっております。是非私共が体験し、得がたい宝物を得られたキャンストを、立教大学広告研究会の後輩たちにも体験させてあげてください。60回といういわば還暦を迎えようとしているキャンストを古希、傘寿、…そして百寿と続くようぜひともお力をお貸しください。

 季節柄、心苦しいお願いではございますが、何卒よろしく、重ねてのご支援ご協力の程、お願い申し上げます。敬具

建替え支援委員会 実行委員長 黒岩俊隆 連名
OB会報 平成24年秋 特別号より引用

ごあいさつ - 平成24年度立教大学広告研究会 委員長 鈴木星

現役からOB会の皆様へ ご報告並びにお願い

 この夏の第59回キャンプストアもOB会、地元の皆様、スポンサー企業様等々多くの方々のご支援、ご協力を賜りながら無事終えることが出来ました。

 本年は館山市の協力を得て、館山駅に歴代のキャンプストアの写真を展示することなど、地域の方々と密着した広告・マーケティングの実践を行なってまいりました。このような活動を通じて館山市とも良好な関係が深まり、先輩たちに残していただいたキャンストの伝統を守りつつ、60周年は勿論、70周年、80周年と続くことを願っております。

 とは申しながら、数年前よりOB総会や会報等で御報告、お願いしておりましたとおり、キャンスト建物の老朽化はいかんともし難く、このたびの60周年記念事業として、OBの皆様のご賛同、ご支援を仰ぎ是非新店舗の改築に取り組みたいと考えております。そのため十数年前より改築資金の一助として、毎年のキャンプストアの売り上げの一部をキャンスト基金に組み入れていただき、建物再建の実現に現役部員としても懸命に取り組んでまいりました。

来年第60回キャンプストアの営業は、新店舗での営業を目指しております。そのためには建物の着工は2013年2月ごろ、竣工は2013年5月末ごろというタイトなスケジュールとなってまいりましたが、現在の基金の残高は、ほとんど毎年に亘った、修繕・改築、今回の土地取得などでの支出もあり建物建設には不足している現況です。

 五十数代の先輩方が残してくださった伝統を受け継ぎ、守り発展させて行くため、また今後の後輩たちがキャンストでの研究の実践が出来る場として、OBの皆様の集える場としてあり続けていくために、募金のご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

OB会報 平成24年秋 特別号より引用

ごあいさつ - OB会 事務局長 及川哲

事務局より御報告、並びにお願い

 さて昨年度・本年度のOB総会、並びに会報、ホームページ等でご案内の通り、来年60周年を迎える立教大学広告研究会は二大事業として、記念パーティー及び館山キャンプストア建物の建替・新築工事を予定しております。

 本年夏に館山市の私有地でありました約15坪を立教学院名で取得し(※別記参照)、ただいま設計段階に入っております。来年60回目のキャンプストアを新築店舗で開催するためには、2月着工、5月末の竣工がタイムリミットとなります。

 ただいま基金の残高は約430万円で、十数年に亘る学生の各代の積立金総額は200万円近くになっており、現役学生は真摯にキャンストの継続を願っております。OB会としても出来うる限り協力していきたく思い、建築予算の不足分300万円を募金の目標額に設定させていただきました。

 事務局としても心苦しいお願いでございますが、現役学生の気持ちをお汲み取りいただき、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

 今後とも立教大学広告研究会OB会並びに現役広研会員に対しましてご支援のほどお願い申し上げます。

OB会報 平成24年秋 特別号より引用

ごあいさつ - 第60回 立教学生キャンプストア 店長 五十嵐敦

募金へのお願い

 「立教学生キャンプストア」は、現在でも立教大学広告研究会の活動の大きな魅力となっており、象徴的存在になっております。学生のみで店舗を営業し、広告・マーケティングの実践活動を行いながら共同生活も行い、人として成長できる場であり、他では経験できない素晴らしい場所が「キャンスト」なのです。

 また現在では現役、OBの交流の場にもなっており、現役はキャンプストアを通して友情を育み、成長し、そしてOBとなりまた夏に館山に戻ってくる。キャンプストアはこの立教大学広告研究会にとって最高の「同窓会場」であり「故郷」。そのキャンプストアが次の世代へと引き継がれ、60年100年と続いていき永遠に広告研究会の聖地として無事に存続していくことが私たち現役の望みです。

 しかし、既存店舗は老朽化しこれから先、運営を行っていくには既存店舗では厳しい状況です。キャンプストア存続のために現在、我々はOB会の皆様にご協力を戴きながら新店舗への改築のために活動を続けております。しかしながら、現状建て替えに必要な資金が不足しております。そこでOBの皆様には誠に申し訳ございませんが、店舗全面改修のための募金へのご理解・ご協力を宜しくお願い申し上げます。募金の詳細に関しましてはお手元にありますOB会報及び、キャンプストア店舗再建資金募金の御願いをご覧ください。

 繰り返し、勝手なお願いではございますが、私たち現役の願いであるキャンプストア存続のために、ご理解・ご協力をどうか宜しくお願い申し上げます。

当HP掲載のため寄稿

募金のための組織

建替支援委員会

実行委員長 44年卒 黒岩俊隆

事務局長  45年卒 及川 哲

会   計 47年卒 箕輪正則

会   計 50年卒 山内信明

委員長補佐 51年卒 松川哲夫

募金要項

■ 募金申込期間:平成24年11月1日〜平成25年2月28日

■ 募金方法:銀行振込/郵便振替 ※今後の口座の追加、変更は絶対にありません

  銀行振込:みずほ銀行 銀座中央支店 普通 1259824
  郵便振替:ゆうちょ銀行 00100−0−688151

  口座名義:立教大学広告研究会OB会

■ 募金口数:

OB会員お一人あたり1口5,000円とさせていただきますが、前回同様、出来ましたら 2口(10,000円)以上のご協力をお願いいたします。

また、個別ではなく、同期でまとめて募金いただくことも可能です。その際ご協力頂いたOB諸氏のお名前を必ず書き添えてください。 年度での取りまとめ、及び団体での募金には金額の制限はございませんので、ご協力をお願いいたします。ご質問等ございましたら、上記メール機能にてOB会事務局までお問い合わせください。建替支援委員会役員に確認の上、随時ご返答させていただきます。