本文へスキップ

会長挨拶 役員紹介 カレンダー 掲示板 メール facebook twitter 会員専用

平成24年度 OB総会

平成24年度 広告研究会 OB総会

平成24年4月14日午後6時半より 立教大学第一学食にて

>>平成25年度OB総会
>>平成23年度OB総会

立教大学広告研究会OB総会が平成24年4月14日、立教大学第一学食で開催されました。
平成23年度事業報告及び決算報告、平成24年度事業計画(案)、同予算(案)が承認された後、 佐藤会長及び現役員の再任、新任役員として平成22年卒の奥谷氏が承認されました。また、新たに年度幹事会幹事長に昭和49年卒の久高氏が就任されました。

>>平成23年度会計報告(会員専用ページ:PDFファイル)
>>平成24年度予算案(会員専用ページ:PDFファイル)

その後、いよいよ来年に迫った第60回キャンプストアに向けた立替計画に付き、現役役員から店舗改修に関するOB会への協力のお願いがなされました。

>>平成24年度OB総会式辞(PDFファイル)
>>キャンプストア店舗全面改修のご理解・ご協力のお願いに関する請願書(PDFファイル)

会長挨拶(全文)

はじめに昨年3.11の災害にて亡くなられた方々の御冥福を心よりお祈り申しあげます。本日は、第59回総会に多くのOBの皆様の御参列を仰ぎ、また大多数の現役諸君が参加してくれた事を心より感謝申し上げます。

昨年58回目の広告研究会の活動は、地震・津波・原発事故・風評被害等々様々に困難の現実を背負ったスタートでした。私自身、今年の活動はどうすればよいのか思案に暮れましたが、本日総会の席上でご報告出来ますことを、総ての広告研究会関係者に感謝いたします。

私が会長に就任した当初「広研100年に繋がる絆」を掲げましたが、3.11以来の日々は「絆」をより意識させられた1年でした。59回目の本年の活動は、60周年記念事業に向けた(前年の)重要な年度です。「絆」の心を忘れる事無く、更に「一心」の言葉を付け加え、私自身59回目、本年の活動を「一心」に行ってまいります。今春立教大学他サークルで不祥事がありました。活動に付きましては、常識をふまえて、自覚と責任と誇りをもって「失敗を恐れず大胆に」活動して下さい。「失敗なくして前進なし」です。

本年度はOBの皆様に、無理を承知で色々の事項についてお願いせざるをえません。現在の広告研究会の窮状をお察しくださり、今日までも数多くの御支援御指導を頂いていますが、何卒、本年はより一層の格別な御支援御協力をお願い申しあげます。


佐藤会長挨拶

T.平成23年度事業報告

立教大学広告研究会OB会は会員相互の親睦と交流並びに現役との交流を深めながら、来る60周年を視野に入れ、平成23年度の活動を行ってまいりました。 なかでも、会員情報ツールのホームページの充実、会員名簿のデジタル化、趣味の会の恒例化、また、60周年記念事業実行委員会の開催など、活動の活性化を図りつつOB会機能を拡充してまいりました。

1.定例役員会の開催

  原則として毎月第一月曜日に定例役員会を開催いたしました。

2.会報の発行

  @ 10月(34号)
    ・「オータムフェスティバル」告知
    ・戸田名誉会長ご逝去追悼文
    ・新住所録配布案内(CD版)
    ・「ミス・ミスターコンテスト」告知 他

  A 3月(35号)
    ・「平成24年度OB総会」告知
    ・キャンスト建替に係る経緯
    ・「第3回オータムフェスティバル」報告
    ・パールの話
    ・新OB紹介 他

3.催事

  @ 5月5日 第16回「ザ・マスターズ」久能カントリー開催。元田会員(44卒)優勝。
  A 7月30日 第4回キャンプストアー・バスツアー開催。参加者23名。
  B 11月23日 第3回オータムフェスティバル開催。OB64名、現役63名参加。間々田部長ご出席。
    2次会にOB34名、現役32名が参加、盛況でした。

4.現役との交流・支援

  @ 広告講座
    6月7日 講師 潟fジタルガレージ上席執行役員 禧久 均氏(48卒)
    6月14日 講師 株歯堂マーケティングディレクター 鈴木 朗氏
  A ミス・ミスター立教コンテスト協賛(賞品提供 4万円)
  B 懇親会 2月20日 OB役員と現役新役員との懇親会OB5名、現役7名、於)神田川
    キャンプストア維持管理の確認書取り交わし

5.ホームページのデータ更新

  ホームページの管理運営について検討を行うと共に、更新の迅速化、デザインや扱いやすさなどを改善しました。

6.60周年記念事業

  @ 記念パーティー実行委員会 6月29日、9月13日 開催
    開催予定:平成25年秋 午後6時〜、ホテルメトロポリタン
    会費:  前回並み(男性:1万円、女性:8千円、夫人:5千円)
    動員計画:会報、HPの掲載はもとより、広報協力委員会を立ち上げ動員協力を依頼。

  A キャンスト建替実行委員会
   ・ 5月13日 立教大学、立教学院へ館山市所有の土地払い下げに係る、代理登記等をお願い。
   ・ 実行委員会 11月14日開催、進め方を協議。
   ・ 館山市訪問 5月25日、10月13日、3月14日 払い下げ手続き等を協議。
    (不動産鑑定士、土地家屋調査士を市から紹介され、業務を委託)
   ・ 3月21日 立教大学、立教学院へ経過報告と協力の依頼。

7.郵便振替、不要ハガキ・切手提供の依頼

  OB会活動の安定的な持続を図るために、郵便振替の依頼と不要ハガキ・切手の提供を会報を通じて行いました。

以上

U.平成24年度事業計画

広告研究会OB会は本年度をプレ60周年イヤーと位置づけ、前年度からの記念事業の取り組みの更なる具体化を図ると共に、OB会の基幹情報ツールである会報の発行、並びにHPによる情報のリアルタイム化とツーウエイ化を促進し、より木目細かい会員情報の発信と参加性を高める工夫に取り組みます。また、各種催事の実施を通しOB会員相互の交流と現役との交流の拡充を目指し、持続可能な広研の形成に向けて取り組んでまいります。そこで、本年度はこれまでの主要なプログラムを継承しつつ、次の計画を立案いたしました。

1.定例役員会の開催

  会務を運営するために原則として毎月第一月曜日に開催いたします。

2.会報の発行とホームページの更新

  会員の情報交流紙として会員への情報の提供、並びに現役との情報交流紙として、本年度は 10月上旬(36
  号)、2月下旬(37号)を発行いたします。企画と発行は広報担当の編集委員が中心となって行いますが、会
  員の皆様からの情報提供を宜しくお願いいたします。
  また、HPは情報をリアルタイムに提供できるツールとして、益々拡充を図るよう考えています。
  会員の皆様とのツーウェイの交流が活発化することを期待しますと共に、更なる改善に取り組みます。

3.催事

  @ 5月6日(日)、恒例のゴルフコンペ、第17回「マスターズ」を久能カントリークラブで開催いたします。
    楽しい雰囲気、コースの素晴しさが売りのコンペです。多数のご参加を募ります。
  A 7月28日(土)、第5回キャンスト訪問バスツアーを開催いたします。
    会員への還元企画として、会費は5000円。今、話題の海鮮浜焼き食べ放題で昼食を予定しています。
  B 11月下旬、第4回オータムフェスティバルを開催いたします。
    今年は昨年実現できなかった、就活コーナー企画を是非、実現したいと考えています。
    OBのご協力をお願いいたします。また、ミス・ミスター立教の来訪も期待しています。

4.現役との交流・支援

  @ 今年度も広告講座を開催し、現役の研究活動を支援いたします。
    今年度も例年通り4回の開催を予定いたします。
    なお、テーマと講師については未定ですが、企画は現役に任せ開催する予定です。
  A 今年、第28回となるミス・ミスター立教コンテストにOB会として協賛いたします。
    学生の主催するイベントとしてマスコミにも取り上げられるようになった話題のイベントです。
    OBの皆様も是非お出かけ下さい。

5.趣味の会の充実

  OB会の縦の繋がりを支える催しとして定着した、陶芸と文楽観賞会は随時、幹事によって開催されています。
  今年度も数回の開催が計画されています。

6.60周年記念事業

  @ 60周年記念パーティーの開催に向け、具体的な企画の作成に取り組みます。
    また、動員に向けPRを積極的に行っていきます。
  A キャンスト建替事業は用地の払い下げに引き続き、建物や設備のデザイン、設計を行い、今年度中の着工を
    目指し、第60回キャンストは新店舗で開催できるよう取り組みます。
    同時に、建設資金の募金活動も行いたいと考えています。

平成24年度はプレ60周年イヤーとして、以上の事業に取り組み、一層の広研OB活動と、現役との交流、支援に取り組みます。


議事進行 生稲氏

議案提案 薮谷氏

会計監査 上沢氏

V.キャンプストア店舗全面改修のご理解・ご協力のお願いに関する請願書(全文)

平成24年度 委員長 鈴木 星
第59回立教学生キャンプストア 店長 大関 輔
部員一同

要旨

キャンプストア全面改修に必要となる資金をOBの皆様にご協力いただきたい。

理由

今年で59回目を数えるキャンプストアの店舗は建替えが必要にも関わらず、先輩方から受け継いできた店舗を部分改修して営業を続けてきました。しかし現在では部分改修では賄えないほど、店舗が風雨に浸食され、白幡興業さんからも全面改修が必要との見解をいただきました。
私たちとしましては、店舗の全面改修をしてでもキャンプストアを通して営業やイベントの実施など数多くの活動を行っていきたいと考えており、またOBの皆さまのように社会に出てからもキャンプストアに、キャンプストアを通して知ることになった館山という土地に行きたいという思いもあります。加えて、私たちは1953年から始まり58年続いてきた広告研究会の伝統を絶やしたくなく、伝統を守り続け60年そして100年とこれからも広告研究会の顔としてあり続けることを望んでいます。
建替えを成しえるためには私たち、現役のみでの資金だけではどうしても不足してしまうのが実態であります。そのため、誠に恐縮ではありますが、OBの皆さまに資金面のご協力を何卒お願い申し上げます。


キャンプストア建替報告 久高氏

キャンプストア建替のお願い 今年度役員

乾杯 勝呂相談役

パーティ風景